ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月15日

宇佐美貴史の恩師ヘルマン氏、2部降格ニュルンベルクのTDへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンでアシスタント・コーチを務めているペーター・ヘルマン氏が、来シーズンよりブンデス2部降格が決まった、1.FCニュルンベルクのテクニカルディレクターへと就任するようだ。

 67才のベテランコーチは、あとは家族面での問題について詳細をクリアにするのみとなっているようで、自身にとっては2008/2009シーズンに、ミヒャエル・エニング氏のアシスタントを務めて以来の復帰となる。

 なおバイエルン加入前にはフォルトゥナ・デュッセルドルフにてコーチを務めており、アウグスブルクからレンタルで加入した宇佐美貴史が、その決断をくだした1つの理由として、バイエルン時代から知るヘルマン氏の存在をあげていた。


 またニュルンベルクでは来季に向け、バイエルンの若手チョン・ウヨンに対しても関心を抱いており、今季下部チームで4部相当28試合に出場して12得点をマークした同選手は、アウグスブルクヤフラブルクからも関心が寄せられ、完全移籍を希望しているとみられることからも交渉は難航が予想。

 ただバイエルン側としては完全にチョンを失いたくはないようで、ニュルンベルクとしては2年間の期限付きという形でのレンタルの可能性もあり、さらにヘルマン氏の加入が後押しとなるかもしれない。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報