ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月15日

ミュンヘンでの最終戦に、ロッベン「先発して、優勝なんて、最高だ」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たして土曜日に行われる、ブンデスリーガ最終節アイントラハト・フランクフルト戦では、最後のミュンヘンでのホーム戦に臨むアリエン・ロッベンはどういった起用がなされるのか?「今、想像しても鳥肌がたつよ」と語った同選手は、「満員の7万5000人の観衆。僕は10年、リベリは12年すごしてきた。二人とも先発して、リーグ優勝を果たす、これ以上のことはないんじゃないかな」と言葉を続けた。

 ただそのロッベンの期待の声に、ニコ・コヴァチ監督が耳を傾けるかについては疑問が残る。この試合ではリーグ優勝がかかっており、昨年にフランクフルトで指揮をとっていた際、同じく多大なる貢献を残したアレックス・マイアーを、最後の公式戦となったドイツ杯決勝では何とメンバー外とする判断を下しているのである。

 それでもロッベンは、「もしも90分間の出場の機会があれば、2得点をとる可能性はあると思うよ」と、笑顔を浮かべながらコメント。現在ロッベンは、ブンデスリーガ98得点をマークしているところであり、もしも2点を追加できれば100得点の大台へと載せることに。


 なお今季のロッベンは、負傷による長期離脱の影響もあって第5節以来リーグ戦で無得点となっているが、離脱直前のCLベンフィカ戦では2得点をあげる活躍をみせていた。

 また同じく、この試合がミュンヘンでの最後のホーム戦となるのが、これまでバイエルンでリーグ戦179試合に出場してきたラフィーニャだ。「これは特別な日だよ」と語った元ブラジル代表SBは、これまでを振り返って「僕は常に全力を尽くしてきたよ」と胸を張っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報