ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月21日

レナト・サンチェス「もっとプレーしないと」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンとの契約を2021年まで残す、21才のポルトガル人MFレナト・サンチェス。だが流れとしては退団の方向にあり、今後について同選手は「どうなるかわからない。どんな可能性もあると思う。僕は若いし、もっとプレーしたいと思う。そうじゃなくてはならないものだろう。」とコメント。

 ユーロ2016の最優秀若手選手に選出され加入したポルトガル代表MFだったのだが、これまでスウォンジでのレンタル復帰後もなかなかブレイクには至らず、今季はリーグ戦17試合に出場。先発出場はわずか4試合に止まっていた。

 
 またその一方で、今季いっぱいで退団するラフィーニャについて、サンチェスは「苦しい次期に、ラフィーニャとリベリが、大きな助けとなってくれたんだ」と感謝、同じく最後の試合となったロッベンは、リベリとともに出場機会を得たものの、「ラフィーニャが出場できなかったことは残念だ。できればよかったんだけど」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報