ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月28日

バイエルン、デミチェリス氏がU19監督へ、クローゼ氏はU17

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンは来季より、U19の監督としてマルティン・デミチェリス氏を招聘したことを発表した。2003年から2010年までバイエルンにてプレーしていた同氏の就任により、これまでU17の監督を務めていたミロスラフ・クローゼ氏は希望通り、引き続き同職を今季も継続していくことになる。

 「U19におけるこの重要なタスクに向けて、マルティン・デミチェリス氏は即座に請け負うだけの準備ができているよ」と、ハサン・サリハミジッチSDは木曜日にコメント。「彼は復帰に誇りを感じているし、彼のもつクオリティや国際経験がアカデミーにもたらされることにある」と、長年クラブを支えた同氏の復帰に喜びをみせた。

 アルゼンチン代表として50試合に出場したデミチェリス氏は、バイエルンではアンバサダーとしてここ2年間は従事しており、2017/18シーズンにはFCマラガにてACを務めた経験ももっている。一方でサリハミジッチSDは本はクローゼ氏の就任を願ってはいたものの「バイエルンにとって何がベストかを彼と話し合った」と明かし、「ミロからはもう1年U17でやりたいと言われたんだ」と述べ、「我々は彼のコーチとしての仕事ぶりを評価しているよ」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報