ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月18日

レヴァンドフスキ「バイエルンは更に補強しないと」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏、ここまで苛立ちを覚え続けてきたのは、何もバイエルン・ミュンヘンのファンたちばかりではない。火曜日の夕方、米国ツアーに参加中のロベルト・レヴァンドフスキは、ロサンゼルスにて「何人かの選手しか獲得できていないのは、決して良いこととはいえない。競争力を高めていくためには、もっと選手が必要だ。それは練習時でのクオリティ面についてもいえる。すぐに動きがみられることを期待しているよ」との考えを語った。「動きに出られなければ、ビッグタイトルを争うことは難しいだろうね。そしてこの2年間は、バイエルンは大きな動きを移籍市場ではみせていない」

 その一方で同選手については、2021年まで残す契約を、さらに2023年まで延長することが期待されているところであり、「ミュンヘンで居心地よく過ごしているし、それはサッカー面だけでなく私生活でもいえることだよ」と強調。自らがチームを後にすることは頭にはないようで、仮に延長した場合には35歳を迎えることになるが「その4年以上はプレーしたいと思っているよ。もうすぐ31歳になるなんて気分じゃないんだ。」と述べ、フィジカル管理にこれからもしっかり勤しんでいく考えを示した。

 またこれからロサンゼルスにて、メスト・エジル擁するFCアーセナルとのテストマッチが控えているところだが、「時差ボケはもうない。いまは欧州にいるような感じで、さほど違いは感じられないよ。とてもこの試合を楽しみにしている。ロサンゼルスのような街なんだ、特別なことだよ」と意気込みをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報