ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月05日

バイエルンから関心のリロイ・サネが、膝を負傷し途中交代

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンへの移籍が近づいていると見られる中、日曜日に行われたFAコミュニティ・シールド、FCリヴァプール戦にてリロイサネは、マンチェスター・シティの先発メンバーへと名を連ねていた。しかしながらそこで膝を負傷、そのまま交代を余儀なくされた。果たして長期に及ぶものなのか?ドイツ代表FWには、これでさらなる注目が注がれることになる。

 左サイドでロングボールに対応しようとしたサネを、味方のトレント・アレクサンダー=アーノルドが倒し、不運にもサネはそこで左膝を痛めその場に倒れこむ結果に、そのまま自らの足でピッチを後にしジェズスとの交代を余儀なくされた。なおその数的不利の間に逆にマンチェスター・シティはスターリングが先制ゴール。最終的にはマティプのゴールでPK戦へともつれこみ、マンチェスター・シティが勝利を収めた。

 サネの状況について、グアルディオラ監督は「第一印象としては、あまり良くないという感じだよ。ただ酷いものでは無いとは思うがね。ただ様子見だ。彼がオーケーであることを願っている」とコメント。なおTV解説者のヤン・オーゲ・フィヨルトフト氏はツイッターにて、サネと話すことができ、そこで前向きであったことを投稿している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報