ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月14日

ライプツィヒ、このままヴェルナーと契約最終年度突入か

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンのブンデスリーガ開幕戦、日曜日に行われる1.FCウニオン・ベルリンとのアウェイ戦では、おそらくRBライプツィヒのスターティングメンバーに、引き続きティモ・ヴェルナーの名前が含まれていることだろう。kickerが得た情報によれば23才のドイツ代表FWは、現時点では引き続きライプツィヒへと残る流れとなっている。

 スプリントやシュート力に長ける点取り屋は、契約をあと1年残すこの夏では話題の選手の一人となっているところだ。すでにバイエルン・ミュンヘンからの関心が伝えられており、リロイ・サネの負傷もあって補強が難航している状況にもあるのだが、ただkickerが得た情報によれば、それは来年に契約切れとなる時までお預けとなる模様。

 一方でライプツィヒのオリヴァー・ミンツラフ代表は先日に、ヴェルナーについて延長か否か、開幕戦までに将来について明確にしたい考えを示していたものの、kickerが得た情報によれば、ヴェルナーサイドには、ライプツィヒとの長期契約に応じる考えはなく、数ヶ月にわたってヴェルナーの契約最終年度にこのまま突入したくはない考えを強調していたが、残念ながら流れはむしろそのシナリオへと向かっているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報