ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月22日

クロップ監督が賞賛「あれはコウチーニョとデル・ピエロだけ」」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日から新たなチームメイトたちと共に、トレーニングを行なっているフィリペ・コウチーニョ。おそらくは週末に行われるブンデスリーガ第2節、FCシャルケ戦にてバイエルン・ミュンヘンとしてのデビュー戦を迎えることになるだろう。そんな同選手について、リヴァプール時代に指導していたユルゲン・クロップ氏が、今回の獲得に至ったバイエルンへ祝福の言葉を、そしてコウチーニョに対しては賞賛の言葉をそれぞれに贈った。

 バイエルン・ミュンヘンは獲得した選手、それは「非常に大きな影響をもたらすことができる」選手であり、「チームの更なる助けとなるだけでなく、彼自身のスタイルをうまくチームの中で発揮させていくことができる選手だ」と言葉を続けている。「初日からチームに馴染むということはないだろうが、初日から非常に良い選手が加わったことにはなるよ」

 さらにコウチーニョは、複数のポジションでもプレーが可能であり、「彼が得意とするトップ下では、あまりリヴァプールではプレーする機会はなかったが、セントラルミッドフィルダーとしても素晴らしかったし、左のウィンガーとしてもとても優秀だった」と説明。「なぜなら彼は、狭いスペースで非常に強く、それだけでなく大きなスペースに対しても十分なスピードを持ち合わせているからね」と語った。

 加えて27歳のブラジル人MFは「状況に対して素晴らしい視野の広さ」を持っており、加えて特に2列目から見せる見事なシュート力も持っている。「あのような位置から、あのような角度で、あれほど頻繁にシュートを放てる選手は、アレッサンドロ・デル・ピエロ以来、目にしたことがない。左からカットインしてからのシュートでね」

 ただこれからバイエルンでは、システムや戦術面において、コウチーニョはまずは対応を求められていくことになるが、「バイエルンは彼を必要としており、彼を求めている」とクロップ監督。「今はバイエルは、うまくチームへと組み込み、そして存分に力を発揮できるように取り組んでいかなくてはならないよ。そうなれば、ブンデスリーガは、素晴らしい選手を目の当たりにすることだろう」とエールを贈った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報