ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月22日

コウチーニョとエルナンデス、先発までには時期尚早

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週土曜日の夕方では、バイエルン・ミュンヘンはFCシャルケ04戦へと臨むことになるが、古巣戦の意味合いももつレオン・ゴレツカについては引き続き欠場、さらに今夏加入の新戦力の二人、リュカ・エルナンデスと、フィリペ・コウチーニョもまだ、先発までには時期尚早との見方を示した。

 ニコ・コヴァチ監督は、先日にバルセロナからレンタルで獲得した27才のMFについて、「まだフィットネス面で、必要とされるレベルまでには達していない。それは彼自身が口にしていることであり、また我々としても同じ印象を受けている」とコメント。

 コウチーニョは7月はじめまでは、コパ・アメリカにてプレーしており、それから夏季休暇へと入ったという経緯がある。「我々としては、決して無理はさせたくはない」と指揮官。「ただ多くの人は、それを望んでいるのだろうがね」とニヤリを笑顔をみせて言葉を続けている。

 ただそのコウチーニョと共に、リュカ・エルナンデスもメンバー入りはするものの、まだ先発候補ということではない。しかしもう一人の新加入選手で、コヴァチ監督と同じクロアチア人のイヴァン・ペリシッチについては、「フィリペとはフィットレスレベルでまるで別物」と評しており、コヴァチ監督にとってすでにオプションとして計算することができそうだ。

【バイエルンの先発予想】ノイアー – キミヒ, ズーレ, パヴァール, アラバ – ティアゴ, マルティネス – ニャブリ, T.ミュラー, コマン – レヴァンドフスキ

欠場:アルプ (病気), ゴレツカ (大腿筋)

 
 その一方でシャルケでは、スアト・セルダーが、ドイツ杯で「軽く内側側副じん帯を損傷した」結果、バイエルン戦での復帰を期待していたものの「伸びてしまった」ことがワグナー監督より赤sれており、「ただ来週にはフルメニューに参加できるとは思うよ」と明かした。なお負傷から復帰をめざすウート、マトンド、カバクはU23にてプレーする予定で、スクリプスキも欠場。その一方で顎の負傷から復調したブジェラブがメンバー復帰を果たす。

【シャルケの先発予想】ニューベル – ケニー, スタンブリ, ナスタシッチ, オチプカ – マッケニー, マスカレル – カリジュリ, アリ, ラマン – ブルクシュタラー

欠場:カールス (靱帯の過度伸展), カバク (復帰途中), マトンド (足の裂傷), ウート (復帰途中), セルダー (内側側副じん帯の損傷), スクリプスキ (筋肉系の問題),

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報