ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月28日

レヴァンドフスキとコウチーニョが、互いについて高く評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季のブンデス開幕戦では、ヘルタ・ベルリンと痛み分けに終わったバイエルン・ミュンヘンだが、しかしそれと同時にイヴァン・ペリシッチ、ミカエル・キュイザンス、そしフェリペ・コウチーニョらの獲得を立て続けに発表。そのコウチーニョ、そして補強の必要性を声高に口にしていたロベルト・レヴァンドフスキは、互いに対して高い評価を述べている。

 開幕戦で2得点、そしてシャルケ戦ではハットトリックをマークし、すでにシーズン5得点目をマークしたレヴァンドフスキは、まさに「欠かすことのできない!」(サリハミジッチSD)活躍をみせているところであり、30才という年齢ながらもほぼ怪我による離脱も見受けられない。何故なのか?「あの体を、見てみなよ」と、スカイに対してアリエン・ロッベンは笑顔を浮かべ説明している。

 そしておそらくその活躍は、これからも当分、ミュンヘンの地でみ続けられることだろう。31才のポーランド代表FWは合意に向け「95%」のところまで迫っていることを明かした。ここで居心地よく過ごしていること、そして先日にコウチーニョというビッグネームを獲得したこともまた寄与していることだろう。「彼のスタイルは、僕たちにマッチしているよ」と同選手。主将のノイアーも「ワールドレベルの選手」の獲得へ喜びをみせた。

 特にここまで大活躍を見せているレヴァンドフスキにとっては、そういった選手の獲得がメリットをもたらすことだろう。狭いエリアでのキープ、そしてチームメイトを見出す視野の広さを持っている選手であり、「彼が良い選手であるのは、誰でもみて取れるだろう」とサリハミジッチSD。「なかなか捕らえきれないし、彼をみているのは楽しいね」とコメント。シャルケ戦でも既に、繊細かつ警戒な巧みなボール捌きは見受けられていた。ただそれでもコウチーニョ自身は「まだフィットネス部分では取り組んでいかないと」と強調、そしてレヴァンドフスキに対する大きな評価についても語った。「彼はレジェンドの一人であり、本当に素晴らしい選手だよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報