ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月28日

フェラーSD、カイ・ハヴェルツ巡りバイエルンとの話し合いを明かす

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ期待の新星、カイ・ハヴェルツの獲得に向けて、王者バイエルン・ミュンヘンが所属するバイヤー・レヴァークーゼンに対してコンタクトをとっていた事が明らかとなった。「何度か連絡があったこと、そして強く関心を示していたことは確かだよ」とTV局スカイに対し、レヴァークーゼンでマネージャーを務めるルディ・フェラー氏はコメント。

 カール=ハインツ・ルメニゲ代表との話し合いは、あくまで「フレンドリーかつ直接的」なものであり、レヴァークーゼン側は(今の所はまだ)ハヴェルツの移籍への用意がないと返答。「ルメニゲ氏はしっかりと理解を示していた」とも明かしている。

 ただその一方で、カイ・ハヴェルツのレヴァークーゼン時代については残り1年となることも示唆しており、「そこでバイエルンだけが問い合わせるということはない、そう確信している。」と述べ、「あと1年、ここに残ってその力を発揮していくことは、我々のみならず彼にとっても良い事であるとも確信している」と語った。なおハヴェルツとの契約は、2022年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報