ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月01日

ジェローム・ボアテング、ユベントスへと移籍か

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 突如として驚きの知らせが舞い込んだ。ジェローム・ボアテングが週末に、バイエルン・ミュンヘンへ、ユベントス・トリノとの移籍交渉にあたることの許可を求めており、その結果クラブ側からは「イエス」の返答をもらっている。そのため本日日曜日に、ボアテングはイタリア歴代王者との移籍交渉に臨むこととなり、おそらくバイエルン側からは明日の移籍期日までに色よい返事を得られることだろう。

 確かにボアテングとバイエルンとの契約は2021年まで残されているものの、ウリ・ヘーネス会長は今年5月末日に移籍を勧める発言を行い、ルメニゲ代表からその用意があることが示唆されており、ただ厳しい定位置争いに晒されている元ドイツ代表CBにはなかなか具体的な関心が伝えられていなかっただが、その状況がどうやら一変。先日、キエッリーニが十字靭帯を断裂したユベントスより白羽の矢が立っている。

 2011年にマンチェスター・シティかrバイエルン・ミュンヘンへと加入した同選手は、2013年の三冠達成に主力として貢献。さらにその翌年にはブラジルW杯で優勝を果たすなど、これまでブンデス制覇7度、ドイツ杯優勝4度を記録。公式戦通算では287試合に出場して8得点、22アシストをマークしてきた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報