ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月02日

ボアテング、ユベントスと合意至らず。このまま残留か?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日の現地時間13時に、ミランで行われたジェローム・ボアテングを巡る移籍交渉はどうやら難航していたようだ。ユベントス、バイエルンのそれぞれの代表者に加え、ボアテング、そしてその代理人を交えての話し合いでは合意にはまだ至らず、流れとしてはむしろバイエルン残留の方向へとある模様。しかしながら本日20時(日本時間27時)までとなっているイタリアの移籍市場締め切りまでは予断を許さない。

 ユベントスでは先週の金曜日の練習中に、十字靭帯を断裂したキエッリーニの穴埋めとしてボアテングに白羽の矢を立てており、1年間の期限付きでの加入という形で、両クラブ間ではすでに全てがクリアになっていたようだが、しかしながら現時点ではバイエルン側は、ボアテングはこのまま残留するだろうと考えているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報