ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月16日

バイエルン、ダヴィド・アラバが筋損傷で離脱へ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた首位ライプツィヒとの頂上決戦では、バイエルンの左サイドバックでは負担通りに、ダヴィド・アラバが先発出場することが見込まれていた。しかしながらそこでプレーしていたのは、今夏に加入し負傷から復調を果たしたばかりのリュカ・エルナンデス。

 一体、何が起こっていたというのだろうか?実はウォーミングアップの際に、オーストリア代表は筋肉系の問題を抱えたため、ニコ・コヴァチ監督へ出場できなことを自ら進言していたのだ。

 そしてその翌日となった日曜日に、同選手の左大腿の内転筋付近へ、筋損傷が見られることが判明。そのため週末のライプツィヒ戦のみならず、水曜日に行われるCLグループリーグ初戦レッドスター戦でも欠場を余儀なくされることとなった。

 ここまでアラバは、バイエルンにて公式戦223試合に出場。CLでは74試合に出場しており、今季はここまで、kicker採点平均2.83と好成績をマーク。左サイドバックにおいて、まさに欠かせない存在として君臨しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報