ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月26日

2022年CL決勝開催地は、ミュンヘンのアリアンツ・アレナ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2022年度のチャンピオンズリーグ決勝の舞台はドイツ・ミュンヘン、バイエルンの本拠地アリアンツ・アレナとなったことが明らかとなった。これは火曜日にUEFAが発表したものであり、ちなみに2021年ではロシア・サンクトペテルブルクにて開催される。

 なお前回にアリアンツ・アレナにて行われたCL決勝は10年前のことであり、そのときにはバイエルンは、その決勝の舞台に立つことはできたものの、そこでFCチェルシーにPK決着という劇的な形でホームに詰め掛けたファンの前で敗戦を喫している。

 カール=ハインツ・ルメニゲ代表は、クラブ公式日本語版にて「2012年に続き、我々のアリアンツ・アレーナが2022年UEFAチャンピオンズリーグ決勝の会場となったことをとても喜んでいる」とコメント。


 「ミュンヘン市とFCバイエルンが共に素晴らしいサッカーの祭典を組織し、我々のプロフェッショナルで最先端、しかし同時に親しみがあり地元と深い関係にあるという面を世界にアピールできると確信している」と語った。

 また今回のCLではこれから最初の山場となる、トッテナム戦を迎えることになるが、このことについては「2つ理由がある。まず、彼らは昨季のファイナリストだ。次にプレミアリーグは目下ブンデスリーガを凌ぎ、良い状態にあるという事実を明言せねばならない。 」との考えを示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報