ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月04日

金曜にドイツ代表発表、テル=シュテーゲンに出場機会はくるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これから再び、代表戦期間へと入っていくドイツ代表。金曜日にヨアヒム・レーヴ監督は、登録メンバーを発表することになるのだが、再びここでも「ノイアーvsテル=シュテーゲン」の問題が加熱することだろう。

 前回の代表戦期間後、テル=シュテーゲンは出場機会のなかったことを振り返り、「僕にとってはショックだった」とコメント。これに対してノイアーは、「それがチームの助けになることかはわからないね」と反論しており、さらにヘーネス会長ら”場外乱闘”にまで発展していた。

 トッテナム戦後にマヌエル・ノイアーは、チームが序盤でみせた不安定さを振り返り「僕はここのところは常にいいパフォーマンスを見せられているし、とにかくそのことに集中している」と強調、テル=シュテーゲンのことについて「1度口にしたし、あとは自分のことに集中する。練習や試合でね。それ以外は僕の本分ではない」と語っている。

 一方でテル=シュテーゲンもCLインテル戦にて、0−1とリードされた場面からマルティネスを相手に好セーブをみせるなど、2−1での逆転勝利に貢献。果たして今回の代表戦期間で出場機会が巡ってくるか注目される。なおレーヴ監督は北アイルランド戦の時に、「マークには出場機会が必ずくると約束している」ことを明かした。

 なお3人目のGKについては、アイントラハト・フランクフルトのケヴィン・トラップが肩を負傷し年内全休となったために、ベルント・レノが招集されることになるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報