ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月11日

現役引退のシュヴァインシュタイガー、ドイツ国営放送のTV解説者に

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日に17年間にわたる現役生活にピリオドを打った、バスティアン・シュヴァインシュタイガー。それから三日が経過した金曜午前、これからはドイツ国営放送ARDにてテレビ解説者を務めることが明らかとなった。

 シュヴァインシュタイガーは「これからワールドカップが行われる2022年まで、サッカーのライブ中継でお仕事をさせていただくことになりました」とコメント。まずはその「大きなハイライト」として、来年にユーロ2020での解説が控えている。

 「サッカー選手としてのキャリアはちょうど終焉を迎えたけど、でもこれからもサッカーは僕の人生の中で大きな部分を占めていく」と述べ、「自らの視点」で分析行い、「ARDでの解説することは刺激的だ」と、決断の理由につちえ説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報