ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月14日

ティアゴ「バイエルンでとても居心地よく過ごしている」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンに加入し、6年が経過したティアゴ・アルカンタラ。28才となったスペイン代表MFは、クラブ公式ページにて「ここに来て6年になる。毎年リーグ優勝を果たして来たし、ドイツ杯では3度優勝も果たした。それにCLでは4度、準決勝にまで進んでいるよ。」とコメント、これに批判的な見方をする声もあるが、このことには「それぞれの意見については尊重する。そこに何も言うつもりはない。僕はプレーするだけだ」と述べ、「ポジティブなことやネガティブなことが、ジェットコースターのように書かれていくものだし」と言葉を続けている。

 「僕自身は、常に相手よりも上回っていくことを考えているよ。これは戦いなんだ」と強調。「この世界で毎年のようにタイトル獲得を公言できるクラブは、5・6程度しかない。そしてそれができるクラブの1つが、バイエルン。このクラブなんだよ」との見方を示し、「このクラブがもつアイデアが重要。僕たちはボールを積極的にもって試合を支配したいと思っている。」とティアゴ。「公私共にどう感じるかが重要」であり、「現状を気に入っている」ことからも、このままバイエルンに止まる可能性について「そうじゃない理由もないだろう?」と返答した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報