ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月22日

ヘーネス会長「ズーレのユーロ2020は忘れろ」、コヴァチ監督「時間を与える」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンのリーグ戦ではここまで10失点。デュッセルドルフのフリードヘルム・フンケル監督からは、三冠達成の2013年では「リベリとロッベンが最終的に、守備面でも取り組みをみせていた」ものの、「ここ2年に関しては、守備はそこまで良いものではないと思う。それで今は、すでに10失点も喫しているのだ」とも指摘。

 これに対してハサン・サリハミジッチSDは「気にはしないよ」と前置きし、「私の知るフンケル監督はフレンドリーで、ほかの監督とも良い姿勢をもって接する人物のはずだが」とチクリ。「確かに我々はもっと改善していかなくてはならない。それはわかっている」と強調しつつも、「ただそもそも誰に関して言えることだが、まずは自分の本分に立ち返るべきではないかね?」と言葉を続けた。
 
 一方で、火曜日に行われるCLオリンピアコス戦に向け、ミュンヘン空港に姿をみせたウリ・ヘーネス会長は「守備面における問題は、私の中ではすでに結論がでているところがあある。もしも、マルティネスがボランチとしてプレーするのであればね。それなら我々は今後、失点数を減少させていくことが可能だ。」と持論を展開。「昨年のクリスマス」に同選手が復帰して以降、「連勝街道が続いたんだ」と語っている。


 確かに週末のアウグスブルク戦では、マルティネスがボランチとしてプレーしており、ただそれでも2失点で痛み分けという結果に。選手の起用について、火曜日に会見に出席したニコ・コヴァチ監督はあくまで「あれはコーチと私が下した決断だ」と述べ、「私が選手を起用している」と強調。「日々選手たちと取り組み、日々彼らのことをチェックしているよ」と言葉を続けた。

 ただその守備面で期待がかかっていたドイツ代表ニクラス・ズーレに関しては、先日左膝の前十字靭帯を断裂したことが明らかになっており、ヘーネス会長は「おおごとになってしまった。まさに大惨事だ。考えうる最悪の負傷だよ」と述べ、「今季は終わったと言えるだろうね。ユーロ2020も忘れるべきだ。来季に向けて復調をめざしていかなくては」と指摘。

 なおコヴァチ監督は「復帰時期は予想はできない」としつつ、「最も重要なことは、時間を与えるということ。決してミスはゆるされない、早すぎる復帰というようなね。10年後を踏まえて、数ヶ月時間をかけてもリハビリを取り組むべきだ」と語った。「決して無理強いすることはしない。もしもユーロ出場が可能であればオーケーだし、もしそうじゃないならば、復調するための時間を十分に与えるということだ」


 そのズーレの穴埋めとしての選手の補強については、サリハミジッチSDは「バイエルンではどんな可能性もある」としながらも、ヘーネス会長も共に「多くのオプションがある」との見方を示しており、「誰も獲得することはないよ」と明言している。

 「チームは決して悪いプレーをみせているわけではないんだ。首位との勝ち点差は1だけ。みなさんは我々に「緊急事態」と言わせたいのだろう?得失点をのぞき、私は至って満足しているよ。もっとゴール前で良いものを見せてもらえれば、みなさんももう余り書くこともなくなるのではないかな?」

 そのオフェンス陣で、ここのところ注目を浴びているのが、ここのところ出場機会に恵まれていないトーマス・ミュラーだが、「わずか数ヶ月前には高額の選手獲得が声高に叫ばれ、そしてコウチーニョを獲得したら、今度はミュラーがプレーしていないと?誰かが来るなら、それは当然のことだったろうに。使えとプレッシャーをかけるなんて、馬鹿げたことだよ」と、ヘーネス会長。


 「トーマスはコウチーニョのポジションでプレーできる選手。素晴らしいじゃないか、それならコウチーニョを温存することもできる」との考えを語った。またウィングとしての起用については、同会長は「それは彼はあまりよくはないよ。それは誰もがわかっていること。彼自身も好んでいないしね」と述べている。

 またコヴァチ監督は、「明日の試合でプレーすることになるのか、これからなのか。それは結果として見ていくことになるさ」と語っており、「ただトーマスがもつ重要性は、私はわかっている。それはいつかまた、実証されていくことだろう」とコメント。ウィングの起用は「彼にとって、決して美味しいポジションではない」との見方を示した。

 その上で、「これほどのチームなのでね」と念を押しており、「タフなスケジュールを考慮してのものなんだ。どの選手も十分な出場機会はあるし、またどの選手にとっても休養できることは喜ばしいことだ」との持論を展開。一方でコウチーニョについては、「本当にいいプレーをみせてくれていると思う」と評価。「アウグスブルク戦での、後半はよかったと思うよ」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報