ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月29日

バイエルンが、アヤックスのテン・ハフ監督に関心?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerとのインタビューに対して、アヤックス・アムステルダムのエリック・テン・ハフ監督は、もしもバイエルンからのオファーがあった場合にそれを除外することはできない、との考えを示していたが、同クラブにてマネージャーを務めるマルク・オーフェルマルス氏も、話し合う余地がある考えを示した。

 これはフォックス・スポートに対して語ったものであり、「現実的にならないと。もしもそのようなビッグクラブからの話があれば、それは考えることにはなるよ」と強調。かつてオランダ代表として86試合に出場した経験を持つ同氏は、さらに「選手の将来のことを考えれば太っ腹にならないといけないところはあるし、それは監督についても同じことだよ」と、言葉を続けている。


 先日にテン・ハフ監督はkickerに対して、バイエルンからのオファーがあった場合に「除外することはできない」と述べ、「ただもうすぐ50に手が届く男だ。夢なんてみていない。くる時はくるし、こない時はこない。アヤックスでとても満足しているしね。ただこれが10年続くものではないこともわかっている。いつか別れの時はやってくるんだ」と語っていた。「ここで監督を務めることは特別なことであり、欧州のトップクラブに数えられるクラブの1つなんだよ」

 なおテン・ハフ監督は2013年に、当時オランダ2分ゴー・アヘッド・イーグルスから、ドイツ4部相当のバイエルンIIの監督に就任した経緯もあり、このことについて「決して当たり前といえることではないよね」と明かしつつ、決断した理由について「グアルディオラ監督がいたし、何よりもマティアス・ザマー氏。彼がクラブに注ぐ戦術的な仕事のアプリーチとメンタリティだ」と説明している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報