ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月04日

ロベルト・レヴァンドフスキが手術へ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンに所属するロベルト・レヴァンドフスキが、鼠蹊部の手術を受けることが明らかとなった。しかしながらまだ、手術日については未定のままとなっており、離脱期間は10日ほどが見込まれているところ。ただ可能性としては次の代表戦期間、11月9日以降、もしくは冬季休暇中が考えられるだろう。

 なお同選手が主将を務めるポーランド代表は、この代表戦期間中にユーロ2020予選2試合、イスラエル代表戦(16日)と、スロヴェニア代表戦(19日)が控えているところであり、ポーランドは現在、グループGの首位を走っている。

 今シーズンのレヴァンドフスキが、チームが4位と期待に応えられない戦いをみせる中で、リーグ戦10試合で14得点をマーク。リーグ最多得点を誇るチームにあってその半分以上を叩き出しており、さらにチャンピオンズリーグGLでは全3試合で得点。今回対戦するオリンピアコス戦での2得点を含む5得点をあげているところだ。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報