ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月06日

CLオリンピアコス戦で「バイエルンらしい戦い」目指す、フリック監督

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ニコ・コヴァチ監督退任後、初の公式戦に臨むことになるバイエルン・ミュンヘン。この試合から指揮をとるハンジ・フリック氏は、「大変な栄誉」であると同時に「大きな挑戦」としても位置付けており、月曜日の最初の練習については「非常に満足している」とコメント。選手らとも話し合いを実施しており、「どういった評価をし、何を求めているか」を伝えたことも明かした。

 そしてチームとしてのクオリティを評価した上で、「試合のイニシアチブをとり、積極的にポゼッションを行う」考えもみせており、チーム一丸となり、再び「バイエルンらしい」戦いぶりをピッチでみせていきたい。果たしてこの試合ではどういった起用法を行うか?そこにも注目されるところだ。
 
 そこで「いくつかの変化」も予告したフリック氏は、プレスカンファレンスに同席したキミヒやマルティネス、そして移籍問題も浮上していたミュラーも「プレーする」と述べ、週末に行われる頂上決戦ドルトムンント戦も視野に入れての「チーム作り」を示唆している。


 一方でジョシュア・キミヒは、退任騒動からも「雰囲気として、決してそう楽なものではないよね」と明かしつつ、選手として「理由を考え、改善をはかり、そして試合で勝利をおさめていかなくてはならない」と決意を表明。

 できればそれをこの試合から見せていきたいところだ。「それこそ、僕たち選手に対して求められていることなんだ。」と語ったドイツ代表DFは、なかでも守備面について最重要視しており、「チーム一丸となって、もっと良いディフェンスをみせていかないといけない」との考えを示している。
 
【バイエルンの先発予想】ノイアー – パヴァール, マルティネス, アラバ, デイヴィース – キミヒ, ティアゴ – T.ミュラー, コウチーニョ, ゴレツカ – レヴァンドフスキ

【オリンピアコスの先発予想】ジョセ・サ – エラブデラウイ, セメド, メリアー, ツィミカス – ブーハラキス – ギリェルメ, M.カマラ – ポデンス, Gio.マスラス – ゲレロ
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報