ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月06日

ラングニック氏がバイエルンの監督に?代理人が明確に否定

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ラルフ・ラングニック氏がバイエルン・ミュンヘンの監督へと就任することは無い。同氏の代理人は、ここのところ浮上していた憶測について明確なメッセージを送った。これによりニコ・コヴァチ氏が退任となったこの数日のうちに、アヤックスのテン・ハフ監督、パリSGトゥヘル監督に続き、3人目としてラングニック氏も候補者から外れることになる。

 「ラルフ・ラングニック氏は、そのオプションではありません」と、ドイツの大衆紙ビルトに対して、マーク・コシッケ氏はコメント。「ラングニック氏がもたらすものが、バイエルンが今求めているものであるとは思えませんし、具体的な話し合いをもつ意義は見出せませんね」と、言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報