ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月10日

ロベルト・レヴァンドフスキ、手術を延期してポーランド代表参加へ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 鼠蹊部の手術の必要性が既に伝えられている、バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキ。しかしながらその可能性があった今回の代表戦期間では、手術は受けずに期日を延期することが明らかとなった。おそらくは冬季休暇直前に受けるものとみられる。

 週末に行われた古巣ドルトムントとのドイツ頂上決戦においても、怪我の影響を全く感じさせない絶好調ぶりをみせ、今季リーグ戦11試合で15、そして16得点をマーク。ブンデスリーガ得点王を4度受賞してきた点取り屋だが、今回の代表戦ではポーランド代表に参加することが明らかとなった。

 ポーランド代表監督のイェジー・ブジェンチェク氏によれば、フリック暫定監督からは「決断はあくまで、ロベルト次第だ」との説明を受けたとのこと。ただその結果、ポーランド代表主将が今回のユーロ2020予選、イスラエル代表戦と、スロベニア代表戦に向けて代表参加することは、指揮官にとってこの上なく心強いものだろう。ただバイエルンとしては、いずれかの1試合では参加を見合わせることを願っていることだろうが。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報