ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月14日

バイエルン、エルナンデスとズーレが復帰に向けて第一歩

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 まだ当分しばらくの間、離脱を余儀なくされることになる、バイエルン・ミュンヘンの主力2選手。リュカ・エルナンデスとニクラス・ズーレ。しかしながらそれでもポジティブな知らせが届いている、両選手ともに復帰にみせた進展をみせている。

 10月19日に行われたFCアウグスブルク戦にて、左膝の十字靭帯を断裂し半月板も損傷したズーレは、その後に手術を余儀なくされており、それは10月22日に行われたCLオリンピアコス戦にて、右足首の内側側副じん帯を部分断裂したエルナンデスについても同様のことだ。

 ただ本日水曜日には、負傷した2選手ともに治療を開始しており、非常にゆっくりと、決して患部へ負荷をかけないよう執り行われている。エルナンデスについては、12月5日までは補助を使用する必要があるものの、今冬にカタールにて行われる準備期間には参加する見通しだ。

 しかしながらズーレに関しては、それよりもさらに数ヶ月時間を要することになる。5年の間で2度目となる靭帯断裂を味わった24才は、当然のことながら来夏に行われるユーロ2020参加を目指していることだろうが、しかしながらヘーネス会長が指摘したように、これまでの例を考えると来シーズンからの復帰が考えられるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報