ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月20日

バイエルン、ドイツU20代表GKフリュヒトルとの契約を延長

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FCバイエルン・ミュンヘンは水曜午前、契約を今シーズンいっぱいまで残していたGK、クリスチャン・フリュヒトルとの契約をさらに2年、2022年まで延長したことを発表した。

 ちょうど19才になった同選手は、すでにトップチームでは3試合で出場した経験を持っており、下部チームではブンデス4部相当37試合に出場。今季はブンデス3部昇格組として、ここまで14試合に出場してきた。

 ハサン・サリハミジッチSDは、「彼は継続的に成長をみせている選手だ」と評価。「これかからも、それを共に続けていきたい」と期待感を示し、5年にわたり在籍する若手に対して「このクラブで大きくなった、まさにバイエルンの選手。彼の存在は喜ばしいものだよ」と言葉を続けている。

 一方でトップチームの練習にも参加しているフリュヒトル自身も、今回の延長に喜びを見せており、「ドイツ最高のクラブから期待してもらえるというのは、本当にいい気分さ。今季は引き続き3部で良いところを見せて、トップチームへとアピールしていきたい。これからもワールドクラスの選手と一緒に練習でき、人間としてもしていければ。それは僕にとっては、いつだって特別なことなんだよ」と語った。
 
 今季はドイツU20代表としてもプレーしているフリュヒトルは、最近ではポルトガル代表に2−0で勝利。この試合で3試合目の出場を果たしている。なおブンデス3部における、身長193cmのティーンエイジャーのkicker採点平均は、ここまで2.89と好成績を残しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報