ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月08日

頂上決戦に敗れた、フリック監督「レヴァークーゼン戦と同じだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後に行われたブンデスリーガ頂上決戦、首位を走るボルシア・メンヒェングラードバッハと、ドイツ歴代最多優勝回数を誇るバイエルン・ミュンヘンとの一戦は、前半では無得点で互いに折り返す展開も、むしろグラードバッハにとってはそれさえ幸運とも見て取れる試合展開であったことは否めず、後半開始早々にイヴァン・ペリシッチへ必見の見事な先制弾を許してしまったことさえも、致し方ないものにさえ感じられるほどだった。

 まさに王者としての風格漂う試合展開をみせるバイエルン・ミュンヘンだったものの、「数多くのチャンスを作り出しておきながら、それを得点にすることができなかった」と、試合後にハンジ・フリック監督はコメント。「それでグラードバッハを勢いづかせる展開となってしまったのさ、先週のレヴァークーゼン戦と同様にね」と言葉を続けている。

 逆に度重なる好セーブで持ち堪えた、グラードバッハの守護神ヤン・ゾマーは「前半ではかなりツイてた。普通なら負けている。仕掛ける勇気も必要なのに欠けていたんだ。」と述べつつも、「でも決して信じる気持ちを失わなかった」とそこから盛り返した同僚へ賛辞をおくっており、相手のフリック監督も「60分間までは、我々が上回っていたが、得点を返したあとからは、グラードバッハは首位に立つその実力を示していたよ」とコメント。


 その試合の転換点となったプレーがちょうど後半60分、ヨナス・ホフマンからのコーナーキックからの鋭いセンタリングに対し、レオン・ゴレツカがベンセバイニへのマークを外されヘディングシュートをネットに突き刺された場面だった。それからの30分間に渡り、バイエルンはチャンスらしいチャンスもあまり手にすることはできず、突如として勝利への道筋を自ら手放してしまう格好に。「我々はサッカーをすることを止めてしまったんだ」最後はそのベンセバイニにPKを決められ逆転負けを喫している。

 ベンセバイニは「もちろん蹴る前に重圧はあったし、ノイアーがいるからより大きかったね。PKはいつも練習しているし、練習通りにいこうと言い聞かせた」と振り返り、DFながら蹴ったことには「いつか僕が蹴るという話をしていたんだ。ただあの時になるまで、それは忘れていたんだけどね」と明るい表情を浮かべ明かした。


 主将のマヌエル・ノイアーは、「後半では自信という部分で欠けていたと思う。あのまま戦い続けなくてはいけなかったし、決して待ち構えるような姿勢で臨んではいけなかった」と述べ、トーマス・ミュラーは監督交代から「確かにチームとして良い感覚をもてている」ものの、「バイエルンとしては、敗戦を喫してしまえば決して良いものとはいえない。なにより勝ち点3を奪わなくてはならないものなんだ」と反省の弁を口にしている。

 これでバイエルンとしては年内残り3試合、ブレーメン戦、フライブルク戦、そしてヴォルフスブルク戦にて巻き返しを期していくことになる。みずからの進退もかかるフリック監督は、「この3試合で、また良い姿をみせていく機会だ」と意気込みを見せており、またハサン・サリハミジッチSDはここのところの連敗により、監督の進退問題に対する姿勢に変化が生まれているかとの問いには「それはない。皆無だ」と明言した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報