ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月02日

ライプツィヒ、ヘンリクスと合意もモナコと開き。背後にバイエルンも

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨夏よりASモナコ所属のベンヤミン・ヘンリクス獲得を目指している、RBライプツィヒ。当時モナコ側は移籍金額として2500万ユーロを要求しており、それがライプツィヒ側にとっては高額すぎたことから破談となっていた。だが今冬より再びライプツィヒは獲得へと動いており、選手自身とは既に合意に達して、クラブ側へと再び移籍金を提示。だがkickerが得た情報によれば、いまだ2000万ユーロ以上を求めるモナコとの開きは大きいようだ。なおヘンリクスに対しては、バイエルン・ミュンヘンからの関心も伝えられている。

 「基本的に我々としては、できるだけ早く移籍を成立させて、早くチームに合流させ、監督に取り組んでもらえるようにしたいんだ」と、ライプツィヒのマルクス・クレーシェSDはドイツの大衆紙ビルトに対して年始にコメント。両サイドバックに加えて中盤でもプレー可能なオールラウンダーな選手。モナコ加入以前にはレヴァークーゼンにて育成されており、そこでブンデス1部通算62試合に出場しており、その間でドイツ代表へと飛躍。コンフェデ杯で優勝を経験した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報