ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月03日

バイエルン、レヴァンドフスキら負傷組除く26名で合宿地カタールへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンは今冬にカタールにて行われる、トレーニングキャンプの参加メンバーを発表。その中には、ブンデスリーガ得点王ロベルト・レヴァンドフスキの名前が外れた。前半戦最終戦を戦い終えた直後、ヴォルフスブルク戦が行われたその日のうちに同選手は鼠蹊部の手術を”無事”に受けたことがクラブ側より発表。1月4日から10日に行われるドーハでの合宿参加は見送り、来週はミュンヘンにてリハビリをこなしていくことになる。

 レヴァンドフスキの他、十字靭帯を断裂しているニコラス・ズーレ、筋肉系の負傷を抱えるハビ・マルティネス、そして左膝の関節胞を損傷しているキングスレイ・コマンについても参加を見送った一方で、足首の手術を受けたリュカ・エルナンデスについては、ドーハにて部分的にチーム練習参加の見通しとなっている。さらにミカエル・キュイザンスや、フィーテ・アルプら負傷していた若手2選手も復調。総勢26名で向かうことになった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報