ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月05日

バイエルン、ニャブリが「アキレス腱の問題」を抱える

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 冬季キャンプ地ドーハに到着し、その日の夕方には軽めの調整を行ったバイエルン・ミュンヘン。その翌日朝からのトレーニングは、気温22度と心地よい天候の下で10時半ちょうどより開始された。しかしながらセルゲ・ニャブリは50分遅れで姿を見せており、バンデージを巻いた状態で、フィジオと共に30分ほどピッチ脇にて汗を流している。

 その理由についてフリック監督は、同選手がその前にランニングメニューの中断を余儀なくされていたことを明かし、「アキレス腱に問題を抱えた」ためにその後の練習参加は考えられない状況にあったという。「我々は非常に真摯に受け止めているし、すぐに復帰できるように期待もしている」とコメント。まだ具体的な詳しい診断結果については、今のところはまだ明らかにされていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報