ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月10日

サリハミジッチSD、今冬のサネの獲得はない。ニューベルは来季レンタルしない

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今冬のキャンプでは負傷離脱者の多さから、少数精鋭でのトレーニングを余儀なくされている、バイエルン・ミュンヘンのハンジ・フリック監督。後半戦開幕を翌週に控える中、指揮官は南ドイツ新聞に対してさらに2選手の補強を希望していることを明らかにした。

 だがこれに対してハサン・サリハミジッチSDは驚きをみせ、「メディアに対してチームづくりを語ることは好ましいと思わない」とコメント。ただ監督の希望自体については理解を示しており、「私自身も異なる考えをもっているわけではない。監督の助けになりたい」と言葉を続けている。

 ただしウィングの補強に目を向けた場合、昨夏に獲得を目指し先日にはグアルディオラ監督が順調な回復を明かしたリロイ・サネについては「全く考えにはない」 ことを強調。それ以上に新戦力について同氏が明かすことはなかった。

ニューベルの来季のレンタルはない


 ここのところのもう1つの話題としては、今夏よりシャルケから加入するアレクサンダー・ニューベルの動向についてだが、このことについてサリハミジッチSDは「ニューベル自身、ノイアーが正GKだと認識している」と述べ、さらにバイエルンは2021年までとなっているノイアーとの契約延長を希望。その上で、来季のニューベルのレンタル移籍については現時点では「無い」と語っている。

ティアゴが、一足早くキャンプ地を後に


 第二子誕生のため、ティアゴが一足早く冬季キャンプ地を後にした。午前中の練習には参加していたものの、午後には不在となっており、1日だけ早く切り上げることに。そのため土曜に行われるニュルンベルクとのテストマッチでも参加は見合わされる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報