ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月14日

バイエルンにて、更なるリーダーシップが期待されるキミヒ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マヌエル・ノイアーがゴール前に、そしてロベルト・レヴァンドフスキが相手ゴール前に、それぞれチームを牽引する2選手が立ちはだかる格好となるバイエルン・ミュンヘン。この屋台骨の中に加わることになるのが、長期的にボランチとしてのプレーが期待されるジョシュア・キミヒだ。

 そしてこれまでリーダーシップをとる上で模範とする選手の1人が、クラブ、ドイツ代表で共に主将を務めるマヌエル・ノイアーである。「本当に大きな意欲をもっている。どの試合でも勝利をおさめたい選手なんだ」とキミヒ。

 さらにアルトゥーロ・ビダルからは、「積極的にコミュニケーションをはかるというタイプではない」ものの、「ピッチでみせるその姿勢からリーダーシップを担っていた」と説明。

 その一方でいち早くドイツ語を習得し「どの選手ともコミュニケーションをはかれるように」していたのが、シャビ・アロンソだった。「そして戦術的な要素について考えていたよ。他の選手にも良い場面を作り出そうともしていた」

 そんなキミヒはここのところ、右サイドバックからボランチへとポジションを変えプレーする機会が多いところだが、ピッチで存在感を示す上で「中盤の方が近いし、よりチームメイトに影響を与えられると思う」とコメント。

 確かに前主将のフィリップ・ラームは右サイドバックを主戦場としていたが、「少し孤立しているところもあったと思う」とキミヒ。「個人的にはピッチで気迫をみせていくには、どのプレーにも絡んでいけるほうが、やりやすさがあるように思うんだ」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報