ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月21日

バイエルン、ヴェルナーではなく、サネ獲得を目指す

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今節では2得点をマークしシーズン20得点目の大台に早くも到達、今季絶好調のロベルト・レヴァンドフスキに並び、ブンデス得点ランク首位タイに立ってみせた、ティモ・ヴェルナー。

 開幕前には例外条項に定められた移籍金2500万ユーロにより、RBライプツィヒから獲得するチャンスさえあったものの、それを見送る決断を下した経緯があるが、今季大きな飛躍をみせる若きドイツ代表には今夏にも、移籍金5000万ユーロにて獲得のチャンスが。すでにマンチェスター・ユナイテッドなどの名前も浮上している。

 しかしながらkickerが得た情報によれば、それでもバイエルン側では予定の変更は、今のところは特になく獲得は検討してはいない模様。むしろ昨夏に獲得へと迫りながらも、膝への重傷により長期離脱を余儀なくされている、同じくドイツ代表リロイ・サネがファーストチョイスとなっているようだ。

 ただすでに練習場に復帰して取り組むサネに関しては、代理人を変更したこともあり、バイエルンとしては獲得に向け再び大きな課題を乗り越えなくてはならないところ。それでもバイエルンが乗り越えることができれば、ヴェルナーがバイエルンに加入する可能性もまた消滅することを意味するはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報