ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月23日

バイエルン新加入のオドリオソラ「シャルケ戦から、いける」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ハンジ・フリック監督の希望通り、バイエルン・ミュンヘンは右サイドバックの補強へと成功。レアル・マドリードからアルバロ・オドリオソラを獲得した。そして水曜日には入団会見も開かれており、今回の決断について同選手は「疑問は微塵も感じていない」ことを強調。マドリードの同僚や友人、さらにアロンソやハメス、クロースらから「良い話ばかりを聞いていたよ」とも明かしている。

 彼らからは「クラブについても、そして街についても」ポジティブなことを耳にしていたそうで、バイエルン・ミュンヘンが馴染みやすいクラブであるとも、「それにティアゴやマルティネス、エルナンデスやコウチーニョなど、スペイン語を話せる選手がいること」も、大きなプラス材料となるはずだ。「最初の練習は、これ以上のものもないかんじだったね」

 なおレアル・ソシエダから移籍金3500万ユーロで加入するも、カルバハルとの定位置争いに苦しみ、レアル・マドリードではわずかな出場機会にとどまってしまったが、「そのことは僕もわかっている」と同選手。「でもハードに取り組み続けてきたし、ここで挑戦する用意はできていると思っている」と宣言。「さっそく、今週末のシャルケ戦から、僕は準備OKだよ。」と意気込みをみせた。「シャルケのことを考えているし、それに向けて準備する。そして即座にチームの助けとなっていきたい」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報