ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月07日

トーマス・ミュラー「90分間、集中力を保たなくては・・・」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 公式戦8連勝を飾った、バイエルン・ミュンヘン。だがそのドイツ杯16強TSGホッフェンハイム戦では、その勢いと共に課題もまた露呈する結果となっている。ジョシュア・キミヒは「前半に関しては、本当に良かったと思う。リードを奪われたけど、それでも自分たちのサッカーを貫き、そしてとても良いポゼッションをみせていた」と分析。

 実際に、ボアテングによる不運なオウンゴールで先制点を許したものの、最終的に前半では3−1という結果以上のものが得られても、決しておかしくはない試合内容をみせていた。「シビに対して100%取り組み、そしてフィジカル面で全力を尽くすのであれば、相手にプレッシャーをかけて苦しめていくことができる」と、トーマス・ミュラー。

 だが後半では「力を出し尽くせていなければ、いかに試合の流れが変わってしまうのか、それを目にすることとなったね。90分間を通じて、僕たちは集中力を保たなくてはならないよ」と言葉を続けており、キミヒも「ほとんどの問題はロストからで、高い位置に構えているだけにあれは痛い」と指摘。

 それでもミュラーは8強進出を果たせたこと、そして週末に控える首位攻防戦となる「ライプツィヒ戦の前の試合で、よかったかもしれないね。こうやって、決して簡単にいくわけではないと思い知るのは」と、敢えて収穫も強調した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報