ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月27日

ロベルト・レヴァンドフスキが「約4週間」負傷離脱

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグ16強FCチェルシー戦での初戦を勝利でおさめた翌日、ロベルト・レヴァンドフスキがおよそ4週間に渡り離脱を余儀なくされることを明らかにした。同選手は左膝関節の向こう脛に亀裂が見られているという。

 これはミュンヘンから帰還した水曜日に、チームドクターを務めるミュラー=ヴォールファールト医師による検査の結果で判明したものであり、ギプスにより10日ほど固定した後に、復帰に向けたトレーニングを開始する見通しとのこと。なお離脱期間は「およそ4週間ほど」が見込まれているところだ。

 同選手は火曜日のチェルシー戦にて、ニャブリの2得点のアシスト、そして3点目となるダメ押し弾を自ら沈める活躍を披露、自らのチャンピオンズリーグ本戦での無得点期間を2年ぶりに止めることにも成功した

 またリーグ戦においては、ここまで23試合が経過した時点で25得点をマーク。得点ランキング首位を独走しており、ここまでリーグ戦での欠場は1試合もなかったのだが、しかしながらフリック監督はこれから、3月いっぱいまで同選手の穴埋めへの対応に追われることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報