ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月06日

ボアテング、エルナンデス、マルティネスがオプションに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に控えるFCアウグスブルクとのバイエルンダービーを前に、バイエルン・ミュンヘンへ朗報が届いた。胃腸炎を抱えていたジェローム・ボアテングが復調、日曜日の試合に向けて出場可能となっている。「ハビ・マルティネスと、リュカ・エルナンデスは出場可能だよ」と、フリック監督はコメント。「両選手ともに、今日は練習をこなしていた」ことを、プレスカンファレンスにて明かした。

 エルナンデスは、先日行われたドイツ杯準々決勝FCシャルケ戦にて、サプライズで欠場となっていたのだが、「彼は休息を必要としていたんだ」と、指揮官。特にエルナンデスについては、昨年だけで膝と足首を負傷し長期離脱を経てきた背景があり、バイエルンとしては徐々に復調させていきたいところ。

 これにより今回の試合に向けては、フリック監督は守備陣のオプションに3選手を加える格好となったが、ただオフェンス陣に関しては、CLチェルシー戦にて筋肉に硬化を抱えたキングスレイ・コマンについては、まだ時期尚早のために引き続き欠場することになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報