ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月21日

バイエルン、デイヴィースと2025年まで契約延長

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 コロナ危機を受けてリーグ戦中断という中、バイエルン・ミュンヘンは更なる主力選手との契約更新に成功したことを発表した。ブレイクを果たした若武者、アルフォンソ・デイヴィースとの契約をさらに2年間、2025年まで延長したことが明らかとなっている。

 2019年1月にカナダのバンクーバー・ホワイトキャップスから、移籍金1900万ユーロにて加入した同選手について、バイエルンのカール=ハインツ・ルメニゲ代表取締役は「非常に良い成長を遂げてくれた」と喜びのコメント。「彼がみせていたパフォーマンスを思えば、これは納得の契約延長だ。我々としてはこれから長期にわたりプレーしてくれることを非常に嬉しく思っているよ。彼がファンを沸かせているのはプレースタイルのみならず、ピッチ外での姿勢にもあるんだ」との評価も述べた。

 今季のデイヴィースは左サイドのスペシャリストとして、時に左サイドバック、時に左ウィングとしてプレー。昨季後半戦では6試合、今季はここまでリーグ戦21試合に出場しており、今回の延長について「とても嬉しいよ。バイエルンは世界でもベストクラブの1つ。僕にとってはここでプレーするという夢が実現した。加入初日から心地よさを覚えたよ。これからできるだけたくさんのタイトルを獲得したい。常に勝利を目指す、それはバイエルンがもつメンタリティなんだ」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報