ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月02日

2度の膝の重傷を乗り越え、「世界最高のCBを目指す」ズーレ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2度に渡る前十字靭帯断裂という重傷を乗り越え、バイエルン・ミュンヘンのニコラス・ズーレは復帰に向けて精力的な取り組みを続けている。「今のところは、全てが順調だよ。それに家族もみんな無事だし。僕自身はリハビリも最終段階へと入ってきた。確かに厳しい状況はあるけど、でも僕自身は良い感覚を覚えているよ」と、クラブ会員向けのマガジンにて語った。

現在世界中を襲っている新型コロナウィルスの影響は、当然ながらサッカー界にも及ぶものとなっているが、ただ長期離脱中にあるズーレにとっては功を奏した部分があることも決して否めず、ユーロ2020が来年に延期、リーグ戦も中断となっていることで「リハビリを行っていくための、貴重な時間を得られた」こともまた確かだ。「あのままでもユーロには間に合ったようには思うけど、でも余裕は生まれたよね」

 そしてカムバックに向けては、「再び力強くなって戻っていける。僕はそう確信しているよ。確かにある程度の時間はかかることだろう。でも僕自身が疑心暗鬼になるようなことはない」と意気込みをみせており、「これから2・3年のうちに、僕は大きなステップアップを果たしていきたいと思っているんだ。もしも世界最高の選手のCBの一人に数えられるようになれば良いね」と言葉を続けた。「そのためにハードに取り組むこと。未来を切り開くのは自分自身の力でしかない」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報