ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月04日

パダーボルン、フリュヒトルに関心か。フートはアンデルレヒト?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏にゴールキーパーの再構築を視野に入れるSCパダーボルンでは、ブンデス3部に属するバイエルン・ミュンヘンの下部チームを主戦場とする、クリスチャン・フリュヒトルをリストアップしている模様だ。さらに20才の若手と共に、パダーボルンでは38才のミヒャエル・ラタイチャク(現ブンデス2部ハノーファー)の名前も浮上。

 その一方で更なる飛躍を期して昨夏にマインツより加入しながらも、先発の座を第6節を最後に追われる結果となってしまった元ドイツユース代表ヤニク・フートに関しては、ブンデス2部でも有効となる2022年までの契約を有してはいるものの、ベルギー1部RSCアンデルレヒトの名前が浮上。ちなみにフートは、半年間オランダ1部スパルタ・ロッテルダムにレンタル移籍していた経験ももつ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報