ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月30日

レヴァンドフスキと、デュッセルドルフの呪縛

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かに最後にフォルトゥナ・デュッセルドルフがミュンヘンの地で勝利した時を思い返すには、実に1990/91シーズンまで遡らなくてはならない。そこでの第23節にミュンヘン五輪スタジアムにて行われたこの試合では、トーマス・アロフスが決勝ゴールを決めて1−0で勝利。

 だがバイエルンからみてここ14試合の直接対決を振り返るならば、13勝1分とその結果を見るだけで相性の良さが際立つことだろう。加えてバイエルンには、先日のドイツ頂上決戦でドルトムントに勝利したことにより、リーグ8連覇に向け大きく前進したという勢いもある。

 それでも16位とのホーム戦を控え、ハンジ・フリック監督は「デュッセルドルフは相手を非常に苦しめるチームだ。組織的なサッカーを展開している。またボールをもった時にも良いものがあるよ。彼らと対峙することは、決して容易なことではない」と、警鐘を鳴らした。「100%集中して試合に臨まなくては」

 実はロベルト・レヴァンドフスキは、ここまでデュッセルドルフと5度に渡り対戦している中で、まだ1度もゴールネットを揺らしたことがない。ただ仮に今回その呪縛を解き放つことができれば、マルコ・ロイス、ケヴィン・フォランドと並び、ブンデスリーガ全18クラブから得点を決めた選手への仲間入りを果たすことになる。「そのデータはロベルトも分かっている」と、フリック監督。「彼はこれまで通り、この試合でも貪欲に得点を狙っていくことだろう」との考えを示した。

 ちなみにレヴァンドフスキはこれまで、ブンデスリーガ通算229得点、70アシストをマークしているところであり、あと1ゴール、もしくは1アシストを記録するならば、ブンデス1部通算300スコアリングポイントの大台に手が届くことにもなるが、果たしてそれを『デュッセルドルフの呪縛』から解き放つことで達成できるだろうか?
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報