ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月01日

先発復帰のエルナンデス、わずか45分間で負傷交代

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンのリュカ・エルナンデスにとって、本来ならば先発復帰では別の形での結果を思い描いていたに違いない。フランス代表は5−0と大勝を収めた週末のデュッセルドルフ戦にて、ハーフタイム中にも負傷交代を余儀なくされてしまった。

 24才のディフェンダーは内転筋に違和感を訴えており、試合後スカイに対してハンジ・フリック監督は「負傷のために交代せざるをえなかった」と説明している。「リスクが大きすぎたんだ」

 幾度となく見舞われた負傷離脱、そしてコロナ危機による中断を経て、2月のパダーボルン戦以来となる先発復帰を果たしたばかりの同選手。たしかにテンポなどから3ヶ月のブランクを感じされる部分もあったが、クラブ史上最高額となる8000万ユーロで加入したエルナンデスは、今回のチャンスを活かそうと精力的んプレー。対人戦でも妥協せずに臨んでいたものの、負傷によりその思いは届かず、わずか45分間のみで終わりを迎えている。

 アトレチコ・マドリーから加入したレフティは、膝の負傷、そしてその後に足も痛めた事により、昨年の前半戦を棒に振る結果となり、前半戦では公式戦わずか9試合の出場。なお今回の負傷により、再び長期離脱げと入るかどうかについては、今のところはまだ明らかにはなっていない。

キュイザンス、移籍後最長のプレータイム


 なおそのエルナンデスと入れ替わりで投入されたのは、同じフランス人のミカエル・キュイザンスだった。フリック監督はキミヒを中盤から最終ラインへと下げ、キュイザンスをCMFの位置へと投入。ここまでリーグ戦5試合では全て、終盤での出場となっていた同選手にとっては加入後最長のプレータイムが与えられている。「ここのところ非常に良い練習をみせとても成長が見て取れたからね」と、フリック監督は説明。昨夏にグラードバッハから加入するも、主にブンデス3部の下部チームを主戦場としてきた20才だが、「とてもよくなってくれたね」と賛辞を送った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報