ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月18日

バイエルン、タンギー・クアッシ争奪戦に参戦?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 若く、将来有望なセンターバックで、さらにボランチとしてもプレーが可能。タンギー・クアッシはまさに、そんな選手像に合致した選手だ。パリ・サンジェルマンとの契約を満了する、身長187cmの18才に対しては、数多くのクラブが関心を示しているところであり、その争奪戦にバイエルンも参戦している模様。RMCsportとシュポルト・ビルトが伝えたところによれば、すでにCL2試合、リーグ・アン6試合に出場している同選手の獲得に向けて、バイエルンは5年契約を用意しているという。

 かつてディフェンダーとしてバイエルンにてプレーした経験を持つ二人のフランス人、ビセンテ・リザラズ氏とウィリー・サニョル氏は、同選手について「まだそこまでプレーしていないから」とリザラズ氏は前置きしつつ、「センターバック、もしくはボランチとして大きな才能」は見て取れるとコメント。


 サニョル氏はポジションについての判断は時期尚早とし、今月2月に出場したリーグ戦をあげ「フィジカルにとても長け、オフェンスにおいても空中戦で強さをもっている」と評価。「ただ守備面ではまだ課題がある」とも指摘しており、そのための実戦が果たしてバイエルンでどのように得られるかもポイントとなるだろう。「確かに彼にはポテンシャルがあるし、伸びる選手だ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報