ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月18日

過密日程が立て続け?バイエルンが抱える大きな不安

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「チームには2週間は休養は必要なものだ」と、木曜発売のkickerに対して、バイエルン・ミュンヘンのハンジ・フリック監督はコメント。ひとまずドイツ杯決勝が行われる7月4日から、12日間に渡って休養がとられ、それからCLチェルシー戦に向けた準備が行われることになるのだが、指揮官が指摘した2週間とはそのCL後の話だ。

 昨日の水曜日にUEFAはチャンピオンズリーグ、そしてヨーロッパリーグの残り日程を発表。準々決勝は8月7・8日のいずれかで行われ、決勝は8月23日開催。一方でドイツ国内では、ドイツ杯が8月終わりに控えていることから、特に代表選手を多く抱えるバイエルンでは、ドイツ杯におけるシードの採用を提案している。

 特に代表戦という点では、現時点においては9月上旬にネイションズリーグの2試合(スペイン戦とスイス戦)が控えているところであり、バイエルンのルメニゲ代表も「これは決していいものではない」と、ドイツ国営放送ZDFに対してコメント。ただ「まだ最終的に決まっていない」とも強調しており、リーガ8連覇の喜びに酔いしれる一方で、バイエルンでは今後の日程に関する不安材料も抱えているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報