ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月20日

ダヴィド・アラバが負傷欠場、ウルライヒには出場のチャンス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにブンデスリーガ8連覇は確定された。つまりは今回のフライブルク戦はバイエルンにとって、特に大きな意味をなさないものである。しかしながらそれでもハンジ・フリック監督は「勝利をおさめたい。その姿勢で我々は試合へと臨む」ことを強調。指揮官にとっては過密スケジュールの中で入れ替えを行いつつ、選手たちのリズムを保ち続けるという使命がある。

 そんなか、今回もバーチャルにて行われたプレスカンファレンスにて、ハンジ・フリック監督はダヴィド・アラバが、足首への問題を訴えているために欠場を余儀なくされることを明らかにした。さらにセルゲ・ニャブリは打撲、そして先日のブレーメン戦で不在だったイヴァン・ペリシッチも見通しはあまりよくなく、加えてアルフォンソ・デイヴィースは出場停止となる。

 またフリック監督は、来季よりニューベルが加入することから、新天地への模索も伝えられるスウェン・ウルライヒについて、この試合での起用についての判断を明らかにすることは避けた。ただ5年にわたって忠義を尽くし、頼れるバックアップであり続けた同選手について「見事な仕事をしてくれている。起用は明日判断する」と説明。そして改めて選手起用について、「基本的に我々としては、ドイツ杯決勝にむけてリズムを崩さないようにすることが非常に大切なんだ。」と強調している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報