ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月01日

リロイ・サネのバイエルン移籍が、刻々と近づく

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 数週間前に既にkickerではお伝えしていた通り、リロイ・サネはこの夏にバイエルン・ミュンヘンへの移籍で合意。あとはクラブ間での合意を待つばかりとなっているのだが、どうやら間も無くしてその決着を見る事になりそうだ。

 マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は先日、リロイ・サネが「他クラブへの移籍を望んでいる。彼は新しい冒険を望んでいる。ただそれがこの夏になるのか、契約を満了してからなのかはわからないよ」と、コメント。「クラブ間で合意となればこの夏に移籍することになる。そうじゃなければ、契約を満了することになるだろう」

 その移籍金を巡っては、バイエルンからは4000万ユーロが提示された一方で、マンチェスター・シティ側は5000万ユーロを求めるなど金額に開きが見られていたようだが、ドイツの大衆紙ビルトによれば「グアルディオラ監督の周辺からの情報によれば、すでに移籍は決定済みとなっている」とのこと。「ドリブルに長けたウィンガーとは5年契約を締結する」と言葉を続けており、「移籍金額は5000万ユーロを切るもの」とも。なお英紙ガーディアンによれば、その金額は4000万ポンド(約4500万ユーロ)+成果に応じたボーナスとなるようだ。

 なお両クラブからは特に正式な発表はなされておらず、ただ1つ確かなことはリロイ・サネのバイエルン移籍が着実に近づいているということであり、成立した暁にはこの夏、GKアレクサンダー・ニューベル(23:シャルケ)、DFダンギー・クアッシ(18:パリ・サンジェルマン)に続く、3人目の新戦力獲得ということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報