ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月02日

延長、それとも移籍?ダヴィド・アラバ「いい質問だね」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 8シーズン連続含む、9度のブンデス制覇。5度のドイツ杯優勝。2013年にはCL制覇も成し遂げ、2度のオーストリア年間最優秀スポーツ選手賞にも輝いた、ダヴィド・アラバ。これほどの成功をおさめ、そして今シーズンにはSBからCBへと配置転換しここでも花開いたDFだが、しかしまだその年齢は28歳にすぎない。
 
 そんななかでここ数週間にわたり話題となっている、大きな疑問点がある。果たしてアラバ自身は、今後の展望をどのように見ているのだろうか?このままバイエルン・ミュンヘンにて主力選手の一人としての活躍を続けるのか?それとも新天地を模索するのか?最近バイエルンではノイアー、ミュラーといったベテラン選手たちとの契約延長に成功したが、まだアラバの契約は来シーズンいっぱいまで残されたままなのだ。

 今季途中から就任したフリック監督より、守備の要へと任命されたオーストリア代表は、いったいどう考えているのか?kickerとのインタビューの中で、アラバは自身のプランを詳細に語る一方、具体的な部分に関しては決して踏み込まない姿勢を貫いた。バイエルンに残る理由や、その逆について問われると「いい質問だね。ここ数週間は、競技面における課題に焦点を当ててきたし、これから数週間で特に動きはないと思うよ。最終的には土曜日に行われるドイツ杯決勝、そして8月に行われるCL再開へと集中していくことになるさ」とコメント。

 それでは2009年にオーストリア・ウィーンから加入し、12年間にわたりバイエルンに在籍(プロとしては10年。2011年にホッフェンハイムへとレンタル)している、ビルドアップに長けた選手はいつ決断を下すのか?「わからないねでも、いつかは出さないといけないよね」ただそれが自身の負担となっているかについては「そんなことはない!」と明確に否定した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報