ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月15日

バイエルン、アヤックスから若手ニコラス・キューンを完全移籍で獲得

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ニコラス・キューンが引き続き、バイエルン・ミュンヘンへと残留することが明らかとなった。20才のオフェンシブプレイヤーは、アヤックス・アムステルダムよりレンタルにて加入していたが、この度はれて完全移籍。バイエルンとは2023年までの契約を結んでいる。

 2019年にドイツの若手選手の登竜門フリッツ・ヴァルター・メダル金賞を受賞していた同選手は、今冬よりバイエルンのセカンドチームにて、ブンデス3部16試合に出場。2得点、1アシスト、kicker採点平均3.57をマークしており、ブンデス3部優勝に貢献した。

 2018年にアヤックスに移籍する以前には、ハノーファー、ザンクトパウリなどのユースに在籍していた同選手は、ライプツィヒ時代に今のセバスチャン・ヘーネス監督より指導を受けている。バイエルン・キャンパスのヨッヘン・ザウアー代表は、「テクニックに長けた、俊敏な選手であり、我々に非常にフィットしている、優勝へと貢献してくれた選手。今後にも期待しているよ」と評した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報