ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月16日

バイエルン、セビージャのジエゴ・カルロスに関心

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンでは来シーズンに向けたセンターバックの補強候補として、kickerが得た情報によれば、ジエゴ・カルロスに関心を示しているようだ。

 スペイン1部FCセビージャに所属する、27才のブラジル人ディフェンダーは、今季はスペイン1部34試合に出場して2得点をマーク。右利きの選手で、昨夏に仏1部ナントより移籍金1500万ユーロにて加入しており、セビージャとの契約を2024年まで残している。

ボアテングの今後は不透明に

 逆に昨夏には売却候補から一転、最終的にはCB部門でkicker採点平均最高点を叩き出す活躍をみせた、ジェローム・ボアテングの今後については不透明のままとなっており、契約を2021年まで残すものの延長について話し合いはまだ行われてはおらず、適したオファーが届けば9年間過ごしたバイエルンに別れを告げる可能性はあるだろう。

8月8日からチェルシー戦


 現在は共に前十字靭帯断裂という大怪我から復調を目指す、ニクラス・ズーレとリロイ・サネだけがトレーニングを行い、それ以外の選手はしばしの休息をとっているところだが、来週月曜日には再び全員が集結。8月8日より再開されるチャンピオンズリーグに向けて準備を進めていくことになる。特にコロナ危機による異常な状況でのシーズンを続ける中で、特にメンタル面で求められるところも多いだろうが、ただそれでもタイトなスケジュールで戦えるということはこれまでにも実証済みだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報