ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月20日

現役ブンデスリーガーが選出:MVPはレヴァンドフスキ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまで数多くの賞を手にしてきたロベルト・レヴァンドフスキだが、今回手にする賞は現役選手自身からの選出によるものだ。ドイツでは恒例となっているkicker誌による大規模アンケート『現役ブンデスリーガに聞きました』では、今回は270選手がアンケートに参加。そのなかで、今季のMVPでは圧倒的支持を受ける形で、ロベルト・レヴァンドフスキが選出されている。

 これまでブンデスリーガにて10年間プレーしてきたレヴァンドフスキは、成功と得点へ尽きることのないハングリー精神をもって取り組む選手であり、特に5年連続得点王をなった今季に至っては、1971/72シーズンにゲルト・ミュラー氏が樹立した、シーズン最多得点記録40に迫ろうかという34得点を挙げる活躍を披露した。

 そして今回のアンケート調査にて現役ブンデスリーガ270名のうち、実に42.6%がロベルト・レヴァンドフスキを今季のMVPに選出。2位のジェイドン・サンチョ(14.1%)、3位のジョシュア・キミヒ(12.2%)に大きく溝を開ける形での受賞となった。

 その活躍に、バイエルンのハンジ・フリック監督は「シーズンで34得点、そして公式戦通算でいえば51得点という見事な結果を出している」と賞賛。なお今季のレヴァンドフスキはこれに加え、前述のゲルト・ミュラー氏でさえ成し遂げていない、開幕11試合連続得点記録も成し遂げている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報